阿修羅 あしゅら

インド神話の悪神。インドラ神(仏教では帝釈天)と戦うとされる。釈迦によって教化されたとみなす場合は、八部衆の一つとして仏教の守護神。また、六道の一つで、常に戦い合う世界の存在ともされる。

阿修羅の由来・語源

サンスクリット語asuraの音訳で、非天、不矯正の意。略して「修羅」ともいう。
もとは古代インドの鬼神で、闘争を好み、つねに雷を武器として闘う英雄神インドラと敵対していたが、仏教に取り入れられて、仏法を守護する神となった。八部衆の1人で、奈良の興福寺の阿修羅像はとくに有名。
サンスクリット語 古代から中世にかけて、インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語。古代インドの標準文章。梵語(ぼんご)。
カテゴリ:文化