門前払い もんぜんばらい

面会せずに、訪問者を追い返すこと。

門前払いの由来・語源

もとは、江戸時代に罪人を奉公所の門前から追放するだけの、最も軽い刑罰のことだった。厄介払いのような形で、一方的に門前から追い払うことから、軽くあしらうことのたとえに使われるようになった。
カテゴリ:社会