鍾乳洞 しょうにゅうどう

地下水や雨水の作用で地中の石灰岩が溶け、地下に洞窟ができたもの。天井からは鍾乳石、下には石筍 (せきじゅん) が立ち並ぶことが多い。

鍾乳洞の由来・語源

「鍾」は「釣り鐘」の意、「乳」は「乳房」の意で、「鍾乳」とは釣り鐘に飾りとしてついている乳房のような突起のこと。
天井から垂れ下がっている石は、その「鍾乳」に似ていることから「鍾乳石」と呼び、それがある洞窟を「鍾乳洞」という。
カテゴリ:自然