銀杏 いちょう

イチョウ科の落葉高木。原産は中国。

銀杏の由来・語源

一説に、葉が鴨の脚に似ていることから、中国では「鴨脚(アフキャク)」といい、明時代に日本からの留学僧がそれを「ヤーチャウ」と聞き、「イーチャウ」、さらに「イチャウ」となまって伝えられたとされる。
漢字の「銀杏」は、実の形がアンズに似て殻が銀白であることに由来する。また、「公孫樹」とも当てて書くが、もとは漢名で、人(公)が植えてから孫の代になって実がなり、食べられるようになるという意味。
カテゴリ:自然