鉛筆 えんぴつ

木の軸に芯を入れた筆記用具。

鉛筆の由来・語源

黒鉛の粉末と粘土を練り合わせて焼き固めたものを芯とすることから、「鉛筆」と呼ぶようになった。ただし、黒鉛は鉛ではなく、炭素の同素体。
1565年にイギリスで考案。日本には江戸初期にオランダ人がもたらしたが、商品として広まったのは明治10年(1877)前後から。
カテゴリ:文化