金柑 きんかん

ミカン科の常緑低木。中国原産で、果樹あるいは観賞用として栽培される。

金柑の由来・語源

「柑」はミカン類の総称で、「金」は果実が熟すると黄金色になることからこの名がある。
漢名は「金橘(きんきつ)」。別名、ヒメタチバナ(姫橘)ともいうが、ヒメは小さいの意で、果実が直径2センチほどと小さいためにこう呼ばれる。
カテゴリ:自然