道楽 どうらく

本職以外の趣味にふけって楽しむこと。また、その趣味。特に、博打や酒色にふけることをいう。

道楽の由来・語源

本来は仏教語で、仏道修行によって得た悟りの楽しみのこと。
また、「楽」は願うという意で用いられ、道を求めようとする願いを意味する場合は「道楽(どうぎょう)」といった。道を求めようとする願い、それによって得られた楽しみの意が転じて、趣味などに没頭して得る楽しみの意となった。
カテゴリ:文化