造作ない ぞうさない

面倒ではない。手間がかからない。簡単である。

造作ないの由来・語源

漢語の「造作」は、本来は「物を作ること」だが、「意識して作りだすこと」を表す仏教語としても使われた。
日本ではさらに意味を広げて「手間、面倒なこと」を示すようになり、「造作なこと」「造作を掛ける」などと使われる。
「造作ない」は、この「造作」を「無い」で否定したもの。
カテゴリ:人間