迷惑 めいわく

他人の行為で不快に思ったり、煩わしたを感じたりすること。

迷惑の由来・語源

本来は仏教語で、漢字で「迷惑」と書くように迷い惑うことで、どうしていいかわからなくなることを意味した。
当初は原因が自分の行為でも他人の行為でも使われていたが、しだいに、他人の行為によって自分がどうしていいかわからなくなって困惑する意味になり、さらに現在では、主に自分に不快なことや気分をいうようになった。
カテゴリ:人間