超弩級 ちょうどきゅう

従来の常識を打ち破るほどの革新的な、または、桁違いに強大なこと。超ド級とも。

超弩級の由来・語源

超弩級のドは、1906年に当時最大のイギリス戦艦ドレッドノート(怖いもの知らずの意)の頭文字ドで、それに大型の弓の意の「弩」を当てて弩級艦と呼び、それを上回る戦艦を「超弩級」と表現した。そこから、「超弩級」は他を圧倒する強大なものを表すようになった。
カテゴリ:社会