誤魔化す ごまかす

人目を欺いて不正をする。その場やうわべをとりつくろう。

誤魔化すの由来・語源

語源には、祈祷の際に焚く「護摩(ごま)」に、「紛(まぎ)らかす」など同じ接尾語の「かす」がついたとする説があり、これは弘法大師の護摩の灰と称してただの灰を売る詐欺があったことにちなむ。
また他にも、「胡麻菓子」からとする説もあり、これは江戸時代の「胡麻胴乱(ごまどうらん)」という菓子のことで、中が空洞になっているため見かけ倒しのたとえに用いられた。
「誤魔化す」は当て字。
カテゴリ:様相