試金石 しきんせき

物の価値や人の力量などを計る基準となる物事。

試金石の由来・語源

試金石とは、本来は、金などの貴金属の純度を調べるために使用した黒色の硬い石のことをいった。この石を金属にこすりつけ、その条痕(じょうこん)色を標準品のものと比較して純度を判定したところから、このように称した。
それがのちに転じて、その人の力量やそのものの勝ちなどを見きわめる事柄についても試金石というようになった。
カテゴリ:社会