親玉 おやだま

仲間の中心になる人物。頭(かしら)。

親玉の由来・語源

本来は、数珠(じゅず)の中心にある大きな玉のこと。その玉の周りに小さな玉をるないで、一連の数珠が作られる。ここから転じ、団体・組織における中心的人物を親玉と呼ぶようになった。
カテゴリ:社会