覚える おぼえる

記憶する。身につける。感じる。

覚えるの由来・語源

「おぼえる」は、動詞「おもふ(思う)」の未然形に自発の助動詞「ゆ」の付いた「おもほゆ」が音変化したもので、自然に思われる、他から思われる意が原義。現代語の「恐怖を覚える」などはこの古い用法が残っているもの。
これが「積極的に思い浮かべる」意に用いられるようになり、さらに、記憶する、習得する意で用いられるようになった。
カテゴリ:様相