規模 きぼ

物事の仕組みや構造の大きさ。

規模の由来・語源

「規」は、もとは円を描くもの、「模」は模様で、「規模」は文様・形象の意であった。また、「規範」「模範」といわれるように、「規」にも「模」にも確かな手本という意味があって、「規模」とは正しい手本としてよるべき形象のことでもあった。
近代になると、正しい手本という面の意味は薄れ、確かな形象の面が濃くなってきて、ものの形やつくりの大きさの意を表すようになった。
カテゴリ:社会