裏付け うらづけ

ある事象の信憑性や正当性を資料によって確実なものとすること。

裏付けの由来・語源

本来は、証文などの裏に、表の記載内容を証明する文を書くこと、つまり裏書すること、またはその書いた文そのもののことをいった。
「(文を)裏に付ける」が原義で、現代のような意味で用いられるようになったのは明治以降とされる。
カテゴリ:社会