裃を脱ぐ かみしもをぬぐ

形式張らずに打ち解ける、くつろぐこと。反対に、形式張って堅苦しくなることを「裃を着る」という。

裃を脱ぐの由来・語源

「裃(かみしも)」は江戸時代の武士の礼装で、同色・同素材の肩衣(かたぎぬ)と袴(はかま)からなる。公の場から自宅に戻り、裃を脱いでほっとくつろぐことからいうもの。

裃を脱ぐに関連する言葉

カテゴリ:人間