袖にする そでにする

それまで親しくしていた人に対して、すげなくする、ないがしろにすること。特に異性に対して冷たくするときに使われるが、江戸時代には「商いを袖にする」など、物事を粗略に扱う意味でも用いられている。

袖にするの由来・語源

袖は身ごろの左右にあり中心から離れた付属物であることから、大切なものとして見ない、ないがしろにする意味が生じたとされる。
また、袖とは舞台の両脇のことで、そこは観客からは見えない、つまり重要なところではないという意からとする説もある。

袖にするに関連する言葉

カテゴリ:人間