蝸牛 かたつむり

腹足綱有肺亜綱に属する陸生の巻き貝のうち、大形のものの総称。渦巻状の殻を背負い、二対の触角のうち長い方の先端に目がある。まいまい。まいまいつぶろ。でんでんむし。

蝸牛の由来・語源

「かたつむり」は「かたつぶり」が音変化したもので、「かた」は堅いと、「つぶり」は粒やつぶらな瞳などの「つぶ」と同源で、小さく丸いものをいう。つまり、硬い殻をもった小さな丸いものということからついた名。
なお、「でんでんむし」は「出え出え虫」から、「まいまい」は「巻き巻き」または「舞え舞え」から変化したもの。

蝸牛に関連する言葉

カテゴリ:自然