蜃気楼 しんきろう

空気の温度差による光の屈折で、遠くのものが近くに見えたり、地上の物が浮かんで見えたりする現象のこと。

蜃気楼の由来・語源

「蜃」は大ハマグリ、「楼」は高い建物の意味。
中国では古くから大ハマグリが吐く気によって空中に楼閣が現れると考えられていたことに由来する。
「空中楼閣」「海市(かいし)」とも呼ばれている。

蜃気楼に関連する言葉

カテゴリ:自然