荼毘 だび

火葬。死者を火葬することを「荼毘に付す」という。

荼毘の由来・語源

もとは仏教用語で、火葬を意味するインドの言葉(パーリ語: jhāpeti)を音訳したもの。
『続日本紀』によると、日本で最初に火葬された人は僧の道昭で、700年(文武天皇4年)のことであるとされる。また天皇で最初に火葬されたのは持統天皇とされる。8世紀ごろには普及し、天皇に倣って上級の役人、公家、武士も火葬が広まった。
カテゴリ:社会