肝胆相照らす かんたんあいてらす

互いに心の底まで打ち明けて親しくつきあうこと。

肝胆相照らすの由来・語源

「肝」は肝臓(かんぞう)、「胆」は胆嚢(たんのう)を表す。これらは昔の中国では心の働きをするところと考えられており、そこから、「肝胆」は心の奥底の意となった。そこを互いに照らし合うことから、互いに心の底まで理解して、親しく交際することをいう。
カテゴリ:人間