翌檜 あすなろ

ヒノキ科の常緑高木。山地に自生し、庭園樹にもする。材木は建築や船舶などに用いられる。

翌檜の由来・語源

木が檜(ひのき)に似ていることから、明日は檜になろう、の意とされる。
また一説には、本来の檜には及ばないという意味で、「浅檜(あすひ)」が「翌檜(あすひ)」となり、明日(あす)の名がついた木ということから「あすなろ」となったともいう。
カテゴリ:自然