紅一点 こういってん

多くの男性の中に女性が一人いること。また、その女性。

紅一点の由来・語源

中国北宋の政治家で詩人の王安石の詩「詠柘榴(ざくろ)」の中の「万緑叢中紅一点」から出た言葉で、「緑の草むらの中に一つだけ赤いザクロが咲いている」ということを指していた。現在では転じて、男性ばかりの中に女性が一人だけ混ざっていることや、ひときわ目立つ存在のことを言うようになった。
カテゴリ:人間