籠脱け詐欺 かごぬけさぎ

詐欺の手口の一つ。関係のない建物を利用し、そこの関係者を装って相手を信用させ、金品を預かり、待たせている間に裏口から逃げ出してだまし取るもの。

籠脱け詐欺の由来・語源

「籠脱け」は江戸時代の軽業(かるわざ)の一つで、底のない細い竹籠をくぐり抜ける曲芸のこと。転じて、籠や建物の中に入り、中にいると見せかけて別の口から抜け出し、逃げ出すことの意になった。
カテゴリ:社会