篠突く雨 しのつくあめ

雨脚がはっきりとみえるほど、はげしく降る雨のこと。

篠突く雨の由来・語源

「篠」とは篠竹(野生の竹)のこと。激しい雨は、細い篠竹を何本も束ねて、突き降ろすようにみえることから、勢いの激しい雨を「篠突く雨」というようになった。

篠突く雨に関連する言葉

カテゴリ:自然