ふで

動物の毛の束を竹軸などの先端に付けた、字や絵を書くための道具。化粧にも用いられる。

筆の由来・語源

筆は、奈良時代以前から用いられていたが、古くは「ふみ(文)」を書く「て(手)」から「ふみて」と呼ばれていた。
そこから音便化して「ふんで」、さらに「ふで」と変化した。

筆に関連する言葉

カテゴリ:文化