磯の鮑の片思い いそのあわびのかたおもい

一方的に異性に思いを寄せること。

磯の鮑の片思いの由来・語源

鮑は実際は巻き貝だが、殻が二枚貝の片割れのようにみえることから、「片貝」の「片」と「片思い」の「片」をかけていうもの。
『万葉集』に「伊勢のあまの朝な夕なにかづくとふ、 鮑の貝の片思いにして(伊勢の尼さんが朝夕ごとに海に潜って取ってくるアワビのように、私は片思いばかりしている)」という歌があるように、古くからあることわざ。
単に「鮑の片思い」ともいう。
カテゴリ:人間