目処 めど

目指すところ。目当て。また、物事の見通し。

目処の由来・語源

「めど」の語源は、植物の「蓍萩(めどはぎ)」からとされる。
易(えき)で使う細い棒の束を筮竹(ぜいちく)というが、古くはそれに蓍萩の茎を用いたことから、これを「めど」とも言い、さらに、占いのことも「めど」と言う場合もあった。
占いは、将来の事柄を判断して人に指針を与えるものであることから、転じて、「めあて、目標」を意味するようになったとされる。
カテゴリ:社会