皮算用 かわざんよう

物事がまだ実現しないうちから、あれこれと期待して計画・計算をすること。

皮算用の由来・語源

「取らぬ狸(たぬき)の皮算用」を略した語。
算用は、数や量、とくに金銭を計算すること、勘定の意。まだ狸を捕まえてもいないうちから、狸の皮がどのくらい取れるか、その皮がいくらで売れるかなど、狸が手に入るものと決めつけ、それをあてにしてあれこれ計算するという意の成句で、これを略していったものである。
カテゴリ:社会