白河夜船 しらかわよふね

ぐっすり寝込んでいて、その間に何が起きたかまったく知らないこと。また、知ったかぶりをすること。

白河夜船の由来・語源

昔、京都見物をしてきたと嘘をついた者が、「白河」のことを聞かれて、てっきり川の名前と思い、夜中に船で通ったからわからなかったと答えたため、嘘がばれてしまったという逸話に基づく。
「白河」とは、京都の東北部の賀茂川と東山の間の地域。

白河夜船に関連する言葉

カテゴリ:四字熟語