癇癪 かんしゃく

感情を抑えられず、怒りやすい性質。また、その発作のことで、「癇癪を起こす」という。

癇癪の由来・語源

「癇癪玉を破裂させる」のようにもいうが、「癇癪玉」は怒りが体の中にたまって玉になっていると考えられることから、あるいは、怒りを破裂させるところから鉄砲玉に見立てていうもの。
「癇」は発作的に全身がけいれんする病気のこと。「癪」は胸や腹などの激しい痛みのこと。転じて、ともに神経過敏で怒りやすい性質を意味するようになった。単独では「癇にさわる」「癪にさわる」のようにいう。

癇癪に関連する言葉

カテゴリ:人間