番頭 ばんとう

商家などの使用人の最上位で、主人に代わって店のこと全般をとりしきる者。企業や政党の派閥の長の補佐役をこう称することもある。

番頭の由来・語源

現在でも「早番」「当番」などというが、古くは、順番を決めて交代制で行う勤務のことや、そのために編成されたグループのことを「番」と呼んだ。したがって、「番頭」とは、その番のかしら、責任者という意味。
カテゴリ:社会