番狂わせ ばんくるわせ

スポーツの試合などで、実力から予想される勝敗とは異なる結果になること。

番狂わせの由来・語源

江戸時代より使われている語であるが、本来は、予期しない出来事のために物事が順番どおりに進まなくなることをいった。
現在のような意味で用いられるようになったのは、相撲の勝負が番付の順位と逆の結果になることをこう呼んだからとされる。

番狂わせに関連する言葉

カテゴリ:スポーツ