甲子園 こうしえん

阪神甲子園球場の通称。プロ野球セ・リーグの阪神タイガースの本拠地球場であるほか、春と夏に行われる高校野球の全国大会の舞台でもある。兵庫県西宮市の地域名でもあるが、甲子園といえば「甲子園球場」、あるいは高校野球の全国大会を指すことが多い。

甲子園の由来・語源

甲子園球場が完成したのは、1924年(大正13年)年8月1日。この年が十干と十二支の最初の組み合わせに当たる甲子年(きのえねのとし)という60年に1度の縁起の良い年であることから、この付近一帯を「甲子園」、また野球場を「甲子園球場(当時は大運動場)」と名付けられた。
この球場の名称である「甲子園」が高校野球全国大会の代名詞となっており、野球以外でも高校生の各種全国大会の代名詞として「○○甲子園」などと使われることがある。

甲子園に関連する言葉

カテゴリ:スポーツ