甚平 じんべい

筒袖で、両前を打ち合わせてひもで結ぶ、丈の短い男性用の夏着のこと。「甚兵衛」とも。

甚平の由来・語源

もとは戦場の陣中で武将が鎧(よろい)・具足の上に着た「陣羽織」に由来し、下級武士用に作った陣羽織を「陣兵(じんぺい)羽織」といった。
それが「甚兵衛羽織」となり、さらに「甚兵衛」と略されて、一般に普及した。「甚兵衛(甚平)」としたのは男性の名に多いことによるものと考えられる。

甚平に関連する言葉

カテゴリ:生活