獅子身中の虫 しししんちゅうのむし

内部にいながら、組織に害をなす者や、恩をあだで返す者。

獅子身中の虫の由来・語源

本来は仏教で、仏の弟子でありながら仏教に害をなす者のことをいった。
『梵網経(ぼんもうきょう)』にある言葉で、「獅子身中の虫、自ら獅子の肉を食らい、余外の虫にあらざるが如し(獅子は自らの体内に巣食う虫に食われて死ぬのであり、外からの虫に食われて死ぬのではない)」に基づく。

獅子身中の虫に関連する言葉

カテゴリ:人間