牛耳る ぎゅうじる

組織や団体などで、中心人物となってその集団を支配し、思い通りに動かすこと。

牛耳るの由来・語源

春秋戦国時代、諸侯が同盟を結ぶとき、盟主が牛の耳を裂き、その血をすすって誓い合ったという故事にちなむ。「牛耳を執る」から「牛耳」を動詞化した言葉。
カテゴリ:社会