煙管 きせる

刻みタバコを吸う喫煙具のこと。雁首(がんくび)・吸い口に金属を用い、途中の管(くだ)である羅宇(らお・らう)に細い竹を使用する。

煙管の由来・語源

語源については、カンボジア語で「管」を意味する「クセル(khsier)」が訛ったものとされる。
「煙管」と書くのは当て字。

なお、雁首と吸い口の金具をつなぐ管を「羅宇」というが、これは地名ラオスに由来し、ラオス産の竹を使ったことからいう。

煙管に関連する言葉

カテゴリ:生活