無精 ぶしょう

なまけること、ものぐさなこと。また、そのさま。身だしなみに頓着しないさまなどにもいう。「不精」とも書く。

無精の由来・語源

無精とは、本来は詳しくなくぞんざいであることをいう。そこから転じて、精を出さないこと、ものぐさなことをいい、ちょっとしたことをするにも、からだを動かして物事をするのを面倒くさがる様子をいうようになった。
カテゴリ:様相