無残 むざん

むごたらしく、痛ましいこと。

無残の由来・語源

本来は仏教語で、「無慙」「無慚」と書き、罪を犯しながら、自らを省みて恥じないことをいう。「慙」は恥ずかしく思う意で、「慚」は異体字。転じて、残酷なこと、さらに残酷な状態にあって痛ましい意味となり、「無残」または「無惨」を当てて用いられるようになった。
カテゴリ:様相