烙印を押す らくいんをおす

消すことのできない汚名をきせる。また、そうであると決めつけること。

烙印を押すの由来・語源

「烙印」とは、鉄製の焼き印のこと。昔、刑罰として罪人の額や腕などに押したもので、一度押された烙印は一生消すことができないことから、たとえていうようになった。
カテゴリ:社会