火蓋を切る ひぶたをきる

物事に着手する。行動を開始する。特に、戦争や試合を始めることをいう。

火蓋を切るの由来・語源

「火蓋」とは火縄銃の安全装置で、火薬を入れた火皿のふたのこと。そのふたを切る(開ける)ことは、すなわち、火縄銃を発砲する、戦闘が始まることを意味し、そこから転じて、物事に着手することをいうようになった。

火蓋を切るに関連する言葉

カテゴリ:社会