みなと

防波堤を築いたりして、船舶が安全に停泊できるように整えた施設。もとは、船の出入りする河口や入り込んだ湾や海峡など、船の停泊に適した所をいった。

港の由来・語源

「みなと」は「水の門」の意で、古く『古事記』や『日本書紀』では「水門」の字が使われている。「港」の字はのちの用字。
「みなと」の「み」は水、「な」は「の」の意の格助詞。「と」は「せと(瀬戸)」「かはと(川門)」の「と」と同様、陸と陸の間の出入り口をいった。
カテゴリ:社会