渡りに船 わたりにふね

何かしようと思っているところに、望んでいるものがちょうど都合よく与えられること。

渡りに船の由来・語源

『法華経』という仏教の書物の中の「薬王品(やくおうぼん)」にある「渡りに船を得たるが如く(わたりにふねをえたるがごとく)」の川の向こう岸に渡ろうとしていたとき、都合よく船が置いてあったことに由来する。

渡りに船に関連する言葉

カテゴリ:ことわざ