海老で鯛を釣る えびでたいをつる

ほんの少しの元手や労力で大きな利益を得ることのたとえ。

海老で鯛を釣るの由来・語源

安くて小さなエビをエサにして、大きく立派な鯛を釣り上げることから、ほんの少しの本でやわずかな物で、たくさんの利益や値打ちのある物を手に入れることのたとえ。
略して「海老鯛(えびたい)」ともいう。
カテゴリ:社会