浮き名 うきな

恋愛や情事のうわさ。「浮き名を流す」などと使われる。

浮き名の由来・語源

本来は「憂き名」で、平安時代には当人にとって悪い評判や辛いうわさの意味で用いられていた。
現在のような意味で使われるようになったのは江戸時代からで、表記も「憂き名」から「浮き名」へと変化していった。
カテゴリ:人間