沢庵漬け たくあんづけ

生干しの大根を塩と米ぬかで漬け込んだ漬物。たくあん、たくわんなどとも呼ばれる。

沢庵漬けの由来・語源

江戸時代初期の臨済宗の僧・沢庵宗彭(そうほう)が考案したという言い伝えがある。沢庵が創建した東海寺では、「初めは名も無い漬物だったが、ある時徳川家光がここを訪れた際に供したところ、たいそう気に入り、『名前がないのであれば、沢庵漬けと呼ぶべし』と言った」と伝えられている。
あるいは、沢庵の墓の形が大根漬けの形(漬物石の形にも)に似ていたからなどともいわれる。なお東海寺では禅師の名を呼び捨てにするのは非礼であるとして、沢庵ではなく「百本」と呼ぶ。

また別の説では、元々は「混じり気のないもの」という意味の「じゃくあん漬け」、あるいは、「貯え漬け(たくわえづけ)」が転じたとも言われている。
カテゴリ:食べ物