気の毒 きのどく

他人の不幸や苦痛などに思いやり、同情して心を痛めること。また、そのさま。

気の毒の由来・語源

もとは、気分をよくするものという意の「気の楽」とは反対に、気分を害することをいった。
それが次第に、他人の不幸に接したときに自分が感じる心苦しさの意がもとになり、現在の意味に転じていった。
カテゴリ:人間