横紙破り よこがみやぶり

道理に合わない物事を無理に押し通そうとすること。また、そのような人。

横紙破りの由来・語源

和紙は、縦に漉き目が通っていて、横には破りにくい。それを横に無理して破るところから、筋の通らないことを平気でするたとえになった。

横紙破りに関連する言葉

カテゴリ:社会